本文へ移動
がまくんとかえるくんシリーズ
がまくんとかえるくんシリーズ
仲良しの「がまくんとかえるくん」のユーモラスな友情物語を1冊に5話ずつ収録した不朽の名作シリーズです(全4冊:20話)。
 
その中の1話「おてがみ」は、小学校の教科書にも採用されていますので、ご存知の方も多いと思います。
 
お話はそれぞれとても短いのですが、がまくんとかえるくんの心温まる友情ストーリーは、笑いあり、涙ありで、友達を思う気持ちについて学ぶところがたくさんあります。
 
そして、とても分かりやすい内容ながら奥深さのある物語となっていますので、子ども達への読み聞かせはもちろん、大人の方の読書としてもオススメです!
 
ほっこりと心があたたまりますよ!
 
大きく読みやすい文字とルビ、少なめの絵、短めのストーリーという構成になっていますので、年長組〜小学校低学年ごろの「ひとりで読書する本」としても最適だと思います。
 
ぜひチャレンジしてみてください!
 
がまくんとかえるくんシリーズ
「ふたりはともだち」
「ふたりはいっしょ」
「ふたりはいつも」
「ふたりはきょうも」
 
作:アーノルド・ローベル
出版社:文化出版局
TOPへ戻る