本文へ移動
根っこのこどもたち目をさます
根っこのこどもたち目をさます
木の根っこを擬人化した、とても珍しいお話です。
 
土の中で春の訪れを楽しみに準備する姿がとても綺麗な絵と文章で表現されています。
 
春は突然やってくるのではなく、冬の終わり頃から土の中ではたくさんの準備が行われているんだということが子ども達にもよく分かる、とても夢のある作品です。
 
1906年出版と100年以上前の作品ですが、とても斬新な題材とストーリー展開で引き込まれます。
そして、読み終えた後には穏やかな優しい気持ちになれる素晴らしい絵本です。
(日本語訳版は2003年に初出版されています。)
 
作:ジビレ・フォンオルファース、ヘレン・ディーン・フィッシュ
出版社:童話館出版
TOPへ戻る