本文へ移動
中室牧子「学力の経済学」教育にエビデンスを
中室牧子「学力の経済学」教育にエビデンスを
 
「教育にエビデンスを」
 
この言葉を世に広め、個人や集団の古き慣習がはびこる教育政策に真っ向から挑み、経済学者の立場から本当に必要な教育とは何なのかについて分かりやすく書かれたベストセラー「学力の経済学」
 
ノーベル賞受賞経済学者ジェームズヘックマンのペリー就学前プロジェクトが明らかにした幼児教育への投資の重要性についてから、ご褒美で釣って良いのか?などのごく身近にありそうな疑問への回答など、「何となくそう思う。」ではなく、あくまでも科学的根拠をベースとした、とても納得のいく内容です。
 
個人的には非認知能力の重要性について、とても勉強になりました。
 
先日、東京大学で行われた中室牧子先生の講演会に参加してきましたが、幼児教育の重要性を訴え、日本の教育政策への提言を行う立場からのお話などが聞けて、著書だけではなく、講演もとても面白かったです。
 
そして、とてもエネルギッシュで魅力的な方でした!
 
ぜひお時間あるときに読んでみてください!
 
TOPへ戻る