本文へ移動
「ぶたのたね」シリーズ
「ぶたのたね」シリーズ
とにかく笑える不思議なお話です!
 
「はしるのが とても おそい おおかみがいた。
どんなにおそいかというと、ぶたよりも おそい。」
 
ぶたの丸焼きを一度食べてみたいと心から願う、どこか不器用で応援したくなるオオカミのお話です。
 
佐々木マキさんの不思議な世界観とストーリーに子ども達はもちろん、大人も必ず大笑いです!
 
個人的には、読み聞かせ会で雰囲気を変える変化球として、大活躍の1冊です!
 
作:佐々木マキ
出版社:絵本館
TOPへ戻る